足の臭い

はずかしくない!足のにおい改善

突然ですが、私はアムラー全盛期に高校生で、東北のど田舎で生まれ育ったため、着飾って当てもなく街中を友達とぶらぶらするのが大好きでした。
まさにいきがって中身空っぽの生き証人でした。

 

ちょっと高めのヒールのブーツをはき、おしりは寒いけど、足はむれむれで痛くても、かっこ悪いからブーツは脱ぎたくない!というのが当たり前の生活を数年過ごし、化粧は頑張るけど、ケアなんて無関係。

 

まして足なんて細けりゃいい。足が少々におうのは汗のせいと思っていました。

 

やがて自己洗脳がとけ、自分を大事にする喜びを覚えた頃、
『あれ?しもやけかな?足かゆいし、角質固いし』
と、受診した皮膚科で
『お薬出しますね。菌をしっかり殺さないと治りませんよ。水虫はね〜』
と先生に言われ、はじめて自分の足と向き合いました。

 

あまりにびっくりしたので先生にしつこいな〜とおもわれそうな位質問しました。

 

・若くても、女子でも水虫ってなるんですか?(当時20中盤)
・どのくらい通院するんですか?
・バスマットやタオルは家族と共有したらうつるんですか?

 

結論、若くても女性でも関係ない。バスマットなどのじめじめした場所には菌のえさがたくさんあるから、なるべく家族との共有はさけたほうがよい。
薬の他に、石鹸も処方するので、常に清潔に。
との事でした。

 

自宅で改めて両親に私の足くさい?と投げかけると事に。
両親とも足どころか靴下から靴まで玄関入るとすぐわかる!との事。
きっと友達も彼も気づいていただろうに、気付けなかった自分にショックでした。

 

やはり、この人素敵だなと思う人って臭くないし、隅々まで自分のメンテナンスをしっかりしている方が多いんですよね。

 

改めて、自分にあった靴、機能を重視した靴下、処方された石鹸と塗り薬をしっかり使い、におい、色つやの改善に励みました。
友達や当時の彼もきっとにおいだけではない改善に少しだけよくおもってくれたかな?と思います。

 

関連ページ

足の臭いをキチンと改善すること
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
女性ならではの悩み!ストッキングによる足の臭い対策
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
負担とストレスが足の臭いの原因?
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
自分の足のニオイがきになる
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
臭いに関する悩み
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
本当に勘弁してもらいたいお客様
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。