足の臭い

臭いに関する悩み

現在20代前半ですが体臭について悩みがあります。20歳前後から暴飲暴食からくる体重増加がありました。そのあたりから体臭の変化が起き始めました。周りからはおじさんの臭い、加齢臭みたいと言われることが増えました。喫煙や、過度な飲酒も原因になっているかと思います。そう思いながらも、禁煙・禁酒はストレスがたまり長く続かず、ラーメンや肉類の過度な摂取は続き、一年で10キロ以上増えた年もありました。

 

ダイエットをしようにも一度付いた脂肪を落とすのは容易ではなく、プールでの運動や食事制限を一時行いましたが体重に変化はなく、意味がないと思いすぐに辞めました。子どものころは汗をかく方ではありませんでしたが、体重増加してからはどこにいても暑いと感じるようになり人一倍汗をかく体質に変わってしまいました。清涼スプレーやシートは逆効果で、いやな臭いを周りに放つのみでした。

 

また嫌な臭いを自分で感じなくなってからより一層周りへの迷惑となっていないか常に気にしてしまうようになりました。臭いについてインターネットで調べてみると様々な原因がありましたがその中でも入浴に関しての原因が大きいのではないかと思い始めました。

 

自宅がユニットバスのため、湯につかることが何年もありませんでした。湯に浸かることで発汗作用が働き、不要な成分を汗とともに流してくれるといった情報でした。その情報を元にサウナへ通うようになりました。しかし、多少は臭いが軽減されてきた程度で根本の解決にはなりませんでした。

 

 

足裏の角質による足の臭いと対策方法

筆者は普段毎日ブーツを履きます。なので自分の足の臭いはブーツのせいで仕方がない、と思っていました。しかし友人の家に上がるときなど、自分でもまずいなと思うほどに臭いがキツくなっていきました。それを周りに相談すると、意外な答えが返ってきました。それは原因が「足の裏の角質が溜まっている」というものでした。

 

そこで筆者が情報収集し、まず試したのが「Baby Foot」という特殊なジェルによってたったの30分で足裏の角質を取る製品でした。(実際角質がキレイに取れるにはその後一週間は放置しておく必要がありました)これは目に見えて効果がありました。足の皮がベロベロとめくれていき、一週間が経つ頃には食感も本当に肌が生まれ変わったようになめらかになりました。

 

ただ、この商品を定期的に使わなくても足裏の角質を取る方法がありました。それは「お湯に足をつける事」でした。実際筆者は普段シャワーで済ましていましたが、毎日湯船に足だけでもつけるように心がけました(5分程度でokです)。すると定期的に商品を使うコストもなくなりましたし、さらに疲れの取れ具合も段違いであることに気が付きました。

 

結論、商品を使うのも風呂に浸かるのも好みではあると思いますが、両者ともに確実に足裏の角質を取ることができ、今では足の臭いに悩むことはなくなりました。

 

 

関連ページ

足の臭いをキチンと改善すること
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
女性ならではの悩み!ストッキングによる足の臭い対策
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
負担とストレスが足の臭いの原因?
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
自分の足のニオイがきになる
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
はずかしくない!足のにおい改善
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。
本当に勘弁してもらいたいお客様
足の臭いについて、いろいろな体験談を載せています。